MTミッション エンジンルーム内 分解方法

ローバーミニ、クラッチマスターシリンダーの取外し Mini ミニクーパー

更新日:

クラッチマスター

クラッチマスター

 

ローバーミニ(Mini、ミニクーパー)クラッチマスターシリンダーの取り外し方法について解説致します。
(MTトランス車のみ)

 

 目次【クラッチマスターシリンダーの取外し方、方法の解説 】

使用する道具/用具

使用する道具は以下です。

  • インチボックスレンチ
  • インチスパナレンチ
  • ペンチ/ラジオペンチ
  • ライト

 

クラッチマスターシリンダー取り外しの手順

クラッチマスターシリンダーの取り外し手順について解説致します。

予めクラッチマスターシリンダーからレリーズシリンダーまでのパイプは外しておく。

1/2インチのナット2個と室内側リンクリンケージのクレビスピンでを外せば取り外しできます。

室内側から作業しヒーターダクトを外し、クラッチリンケージ接続のクレビスピンを外す。

エンジン側1/2インチ2個を外す。

本体を持ち揺さぶりながら取り外す

 

作業で注意すべき事

クラッチリンク連結部のクレビスピンには割ピンが有り、これを抜くのに一苦労します。
(取り付けの際は簡単なロックピンを使用予定)
手前のヒーターダクトの裏側にある為、ヒーターダクトは取り外します。

ヒーターダクトを外す

ヒーターダクトを外す

クレビスピン

クレビスピン

 

クラッチオイルの漏れ等で1/2のインチが錆びてる場合は潤滑スプレーを吹きかけながら取り外す。

クラッチマスターシリンダー本体はボディー側に張り付いて場合がありかなり揺さぶらないと
パッキンが剥がれてくれない。

エンジンルーム側

エンジンルーム側

 

 

取り外しは本体を立てたまま取り外す。
クラッチオイルは塗装を痛める可能性があるので慎重に。

オイルをこぼさない様

オイルをこぼさない様

 

クレビスピンの偏摩耗は交換
またクラッチマスター側のクレビスピン挿入穴が楕円摩耗の場合クラッチマスターを交換
楕円摩耗がない場合はインナーキット交換でオーバーホールのみでOK。

 

まとめ

クラッチマスターは10万キロを超えた辺りからクレビスピンの摩耗やピン穴拡大で
クラッチの操作感がやや低下します。
皆さんが所有されているミニが10万キロを超えている場合は一度チェックしてみてください。

  • 使用する道具/用具について
  • クラッチマスターシリンダー取り外しの手順
  • 作業で注意すべき事

 

動画配信中

 

-MTミッション, エンジンルーム内, 分解方法
-, , ,

Copyright© ローバー ミニ 修理 レストア ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.