トランク内 修理方法 分解方法 燃料系修理/交換

ローバーミニ、ガソリンタンクの燃料ホース交換方法 仕方 ガソリンタンク外し Mini ミニクーパー

更新日:

ガソリンタンク外し

ガソリンタンク外し

ローバーミニ(Mini、ミニクーパー)ガソリンタンクのフューエルホース交換を私の方法で解説致します。

 

 目次【 ガソリンタンクの燃料ホース交換方法 】

 

使用する道具/用具

使用する道具は以下です。

  • 1/2インチのボックス、ラチェットレンチ
  • プライヤー(ラジオペンチ可)
  • ガソリン携行缶
  • 灯油チュルチュル
  • ウォーターホース約30~50㎝
  • ドライバー(+、-)
  • シリコン潤滑スプレー

灯油チュルチュル

灯油チュルチュル

ガソリンを抜く

ガソリンを抜く

予め用意する物

内径6㎜のフューエルホース(燃料ホース)1M(2M物の方がエンジンルームでも使える)

新品ホースバンド2個(交換したい場合)

●Amazonで探す
フューエルホース 6mm

●Amazonで探す
ガソリン 携行缶

燃料ホース内径6mm

燃料ホース内径6mm

燃料ホースはバイク用の物はNGです。ブヨブヨと柔らかいタイプがバイク用

作業手順

●作業手順

  1. ガソリンタンク固定鉄バンドを外す。
  2. 燃料ゲージ端子を外す。
  3. ガソリンタンク上部のパイプを外す。
  4. 給油キャップを外す。
  5. 燃料を残量1/5まで抜き取る。(ガソリン携行缶に移す)
  6. ガソリンタンクを少しずつずらし給油口をトランクルーム内に落とすとフリーになる。
  7. 車体下側の燃料ホースを外す。
  8. ガソリンタックが外れるので燃料ホースを交換。
  9. 取り外しの逆で、取り付ける。
タンクの外す箇所

タンクの外す箇所

作業で注意すべき事

ガソリンをガソリン携行缶に移す際には火気厳禁!注意して作業をお願い致します。

ガソリンを抜くのに灯油チュルチュルを使いますが吸口にウォーターホースを30㎝程付け足し延長。

ガソリンタンクは給油口が抜けるまではなかなか手前に移動出来ないので少しづつずらす。

外したら給油キャップを必ず取り付ける。

車体下側の燃料ホースを外すとガソリンが出るので受ける準備をしておきます。
パイプを外してすぐにガソリンが止まらない場合は中止しガソリンをより多く抜く取ってから作業する。

ガソリンタンクをトランクルームから出しフューエルホースを交換、5㎝前後長目で切断/交換。
タンク側のパイプは少し大きめなので入れるのに少しコツが要ります。
シリコンスプレー(潤滑剤)を燃料ホースの内側に塗布すると入りやすくなります。

ホースの交換が出来たら取り付けは取り外しの逆です。

燃料ホース交換

燃料ホース交換

まとめ

燃料ホースの交換を怠ると走行が出来ない事態に見舞われます。
経験上交換時期は5年~8年、現代の車よりはかなり早めの交換がお勧めです。

  • 使用する道具/用具について
  • 予め用意する物
  • 作業手順
  • 作業で注意すべき事

 

動画配信中

-トランク内, 修理方法, 分解方法, 燃料系修理/交換
-, , , ,

Copyright© ローバー ミニ 修理 レストア ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.