エンジン・ミッション関係組立 エンジン系修理 修理方法 組立て/交換

ローバーミニ、シリンダーヘッド取付方法 ディストリビュータシャフトの1番位置 (エンジンO/H編-No20) Mini ミニクーパー

更新日:

シリンダーヘッド各パーツ

シリンダーヘッド各パーツ

ローバーミニ(Mini、ミニクーパー)エンジンのオーバーホールを順を追って解説、
今回はシリンダーヘッド取付方法について解説します。
おまけ記事としてディストリビューターのシャフトの1番Top位置も解説。

ヘッドガスケットセット類は予め新品を用意しておきます。

ローバーミニ、シリンダーヘッド、プライマリーギアの取外しの記事はこちらを参考にしてください。

 目次【シリンダーヘッド取付 ディストリビュータ-位置について解説 】

 

使用する道具/用具

使用する道具は以下です。

  • インチ、ミリラチェットボックスセット
  • ロングボックスセット
  • トルクレンチ中
  • メガネレンチセット
  • オイラー/少量オイル
  • スタッドボルトプーラー

スタッドボルトプーラー

 

●ガスケットセット/シール類はミニスペアより購入
http://www.minispares.com/default.aspx

ガスケットセット

ガスケットセット

 

シリンダースタッドボルト組付け

スタッドボルトやロッカーアーム、ヘッドナットなどキレイに清掃しておく。
新品のヘッドガスケットセットを用意。
ミニスペアより購入
http://www.minispares.com/default.aspx

 

1、スタッドボルトが入る穴は念入りにパーツクリーナー清掃します。
ヘッド面とシリンダーブロック面もパーツクリーナーで脱脂

キレイに清掃

キレイに清掃

 

2、スタッドボルトは長い方はエンジン後ろ側、短い方に1本だけ長い物がございますが、
向かって左端の位置です。これは1000㏄だけかも?

ヘッドボルト

ヘッドボルト

 

3、新品のヘッドガスケットを置いてスタッドボルトを取り付けた方が簡単です。
ヘッドガスケットには表裏があり純正には「Top」と刻印が有るようですが今回のヘッドガスケットには数字の刻印があるだけでした。

ヘッドガスケット

ヘッドガスケット

 

4、スタッドボルトプーラーとメガネレンチを使いスタッドボルトを取り付け
トルクは記載が無いので適度に締めます。ねじ込んでロックした状態から1/8回転程回す感じです。

スタッドボルト締め付け

スタッドボルト締め付け

 

シリンダーヘッドの組付け

1、シリンダーヘッドを静かに挿入

ヘッド挿入

ヘッド挿入

 

2、プッシュロッドを挿入

プッシュロッド

プッシュロッド

 

3、ロッカーアームも共締めなので取り付け、ナットで軽く固定

ロッカーアーム取り付け

ロッカーアーム取り付け

 

4、タペット調整ボルトのロックナットを緩めて1/4回転ほどボルトを緩める。
(元のヘッドを取り付ける場合はこの工程は飛ばしてもOK)

5、ヘッドナットを取り付け、ロングボックスとラチェット等で軽く締める。

軽く締める

軽く締める

 

6、満遍なく取り付けたら2回に分けトルクレンチで締め上げる。
  ロッカーアームブラケット締め付け規定トルク:32Nm
  ヘッドナット締め付けトルク:68Nm

各ナットは2段階で締め上げ(ヘッドナットの場合30Nm→68Nm)ますが、
締める順序がございます。
内側から外側へ対角線上に締めていきます。

トルクレンチで締め付け

トルクレンチで締め付け

 

7、シリンダーヘッドが乗った事で1番シリンダーのトップ位置が判別しやすくなります。
左端が1番シリンダーですが、1番の吸気、排気共に閉まっている状態を確認、ローカーアームを上下に動かすと僅かに動きますのでバルブを押してない状態にして、2番の吸気と3番の排気がバルブが閉じている状態である事を確認します。
もし2番排気と3番吸気が閉まっている状態なら4番のTopが出ている状態ですのでクランクを1回転し、
1番トップが出ているか改めて確認します。

1番トップで閉じてる場所

1番トップで閉じてる場所

 

※今回、私のエンジンはエアコン取付の為、オルタネーターを移設し取付ブラケットもヘッドナットと共締めになりますので、エンジンを車体に取り付けてから本締めします。

 

ディストリビューターシャフトの1番トップ位置

1番トップを出した状態で確認します。

ディストリビューターが刺さる穴にディストリビューターシャフトは入っていますが、組付け時に方向は無視して組み立てておりました。
この機会に位置を合わせてみます。

画像のようにシャフトにはマイナス上の大きな切れ目がありこの方向を確認。
正常な状態では僅かに右上がりですが、この位置でディストリビューターを刺してみて画像のように
バキュームユニットが上側にあり、なおかつ中央のローター先端が8時方向にあればOKです。

シャフト位置

シャフト位置

ディスビ、ローター位置

ディスビ、ローター位置

 

そのようにならない場合はシャフトを回転させながら手前に抜いてくるとギアが外れますので
頃合いの良い角度で挿入します。
ギアはヘリカルギアですのでコツは狙った角度から約90度ほど違った所から回転させながら入れるとちょうど良い角度に入ります。

シャフトを抜く場合円柱木を使い先端にガムテープやクッション付き両面等を取り付け
シャフトを引っ付けて抜くと抜きやすいです。

構造上シャフトが中で落ちないとは思いますが、落とす危険性もありますので慎重に作業してください。
もし落としてしまった場合はもう一度分解となります。(怖

 

まとめ

シリンダーヘッドまで取り付け出来れば後は小物を取り付けるだけです!

  • 使用する道具/用具について
  • シリンダースタッドボルト組付け
  • シリンダーヘッドの組付け
  • ディストリビューターシャフトの1番トップ位置

 

動画配信中

-エンジン・ミッション関係組立, エンジン系修理, 修理方法, 組立て/交換
-, , , , , ,

Copyright© ローバー ミニ 修理 レストア ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.