エンジン・ミッション関係組立 エンジン系修理 修理方法 組立て/交換

ローバーミニ、クランクシャフト組付け方法、クリアランス測定(エンジンO/H編-No14) Mini ミニクーパー

更新日:

クランクメタル

クランクメタル

ローバーミニ(Mini、ミニクーパー)エンジンのオーバーホールを順を追って解説、
今回はクランクシャフト組付け・メタルクリアランス測定方法について解説します。

ミッションとブロックの分離記事はこちらを参考にしてください。

 

 目次【クランクシャフト組付け・メタルクリアランス測定方法についての解説 】

使用する道具/用具

使用する道具は以下です。

  • インチボックス・ラチェッセット
  • ロングスピンナー
  • シクネスゲージ 0.01-2.0mmぐらい測れるもの
  • トルクレンチ
  • オイラー
  • エンジンオイル少量
  • 新品クランクメタル(今回はスタンダード品)
  • スラストメタル
  • プラスチゲージ 0.025-0.076mm用
  • WAKO'Sエンジン組み立てペースト
  • 新品のクランクメタル・スラストメタル

 

●クランクメタル・スラストメタルはミニスペアより購入
ミニスペア

 

メタルクリアランス測定方法

クランクメタルとクランクシャフトのクリアランスを測定する方法にプラスチゲージを使用します。
それとクランクシャフトの横方向(スラスト方向)のクリアランスにはシクネスゲージを使用します。

プラスチゲージ

プラスチゲージ

 

まずクランクシャフト、クランクキャップ、ボルト等はキレイに洗浄しご用意ください。
ブロックを逆さにして準備します。

1、新品STDのクランクメタルをブロック側とキャップ側に取り付けますが、クランク面にはオイルを付けないでください。

2、新品STDスラストメタルは中央のメタルベアリング部分のみ取付られており、ブロック側にオイルで張り付かせます。

スラストメタル

スラストメタル

3、この状態でクランクシャフトを静かに置き、3か所の回転部分に1cmに切ったプラスチゲージを軸方向に1本ずつ置きます。

4、クランクキャップを静かに被せボルトで固定しますが、最初はラチェットで締まるところまで締め
その後規定トルクの約半分のトルクで締めた後、規定トルク85Nmで本締めします。

トルクレンチで締める

トルクレンチで締める

5、締めたらすぐに分解しますが、クランクシャフトは絶対回さないように。

6、クランクキャップを常に上に抜く感じで引っ張りながらプラハンマーで両端にショックを与えながら抜きます。ボルトをキャンプに半分入れ内側に寄せながら片手で持つと簡単です。

7、キャップを外すとプラスチックの棒が潰れて見えますのでこの幅をプラスチゲージ紙に印刷されてる幅と比べクリアランスを確認します。(私の個体は0.05㎜前後)

クリアランスの測定

クリアランスの測定


8、
測定が終わりましたらパーツクリーナーで拭き取るとプラスチゲージは簡単に取り除けます。

9、スラストクリアランスは組付け終了後に測定します。

 

クランクシャフト組付けと規定データ

組み立てペースト ASP

組み立てペースト ASP

クランクシャフト組付けは先ほどの組付け方法順となります。
組付けの際はWAKO'Sのエンジン組付けペーストを回転部分に塗布し組付けますが、
オイラーでエンジンオイルたっぷり付けながら組み付けてください。

  • クランクシャフトキャップボルトの規定締め付けトルク:85Nm
  • クランクメタルとクランクシャフトの規定クリアランス:0.025-0.068mm
  • クランクシャフトスラスト方向クリアランス:0.025-0.127mm

 

まとめ

プラスチゲージなど普段全く使うことの無いような物を買い揃えるのが面倒かしれません。
プロは普通に使っていると思いますが素人が使った後、長期保管しとくとポロポロになって使えなくなりますのでお早めに消化くださいww

  • 使用する道具/用具について
  • メタルクリアランス測定方法
  • クランクシャフト組付けと規定データ

 

動画配信中

 

-エンジン・ミッション関係組立, エンジン系修理, 修理方法, 組立て/交換
-, , , , , ,

Copyright© ローバー ミニ 修理 レストア ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.