MTミッション エンジン系修理 修理方法 分解方法

ローバーミニ、MTミッション プチ オーバーホール 分解 シンクロリング交換 (エンジンO/H編-No7) Mini ミニクーパー

更新日:

分解

分解

 

ローバーミニ(Mini、ミニクーパー)エンジンのオーバーホールを順を追って解説、
今回はMTミッションのプチオーバーホール シンクロリング交換と一部ベアリング交換について解説します。
全てのオーバーホールではないので参考になるか不明ですが・・・・

 目次【MTミッションのプチオーバーホール作業について解説 】

使用する道具/用具

使用する道具は以下です。

  • インチボックスレンチ
  • ミリボックスレンチ
  • スクレパー
  • プラハンマー
  • 専用ツール数点(ショップよりお借りしました)
  • シンクロナイザー3本(4速は再使用)
  • ミッションO/H用パッキン・シールセット

 

ミッションシールパッキンセット

ミッションシールパッキンセット

赤丸が交換パーツの場所

赤丸が交換パーツの場所

 

MTミッションのプチオーバーホールの内容

今回のMTミッションO/Hプチオーバーホールの内容となります。
対象のミッションは走行距離約8万km弱と比較的低走行です。
状態にもよりますが使えるベアリングはなるべく使う方向でプチオーバーホールをすることに致しました。

ちなみにショップにO/Hを願いするとベアリングとシンクロリングはフル交換が基本との事です。

レストア前のミッション状況は普通にシフトアップ、ダウン共に、異音等も問題ございませんでしたのでそのままO/H無しで組み上げる予定でしたが2速シンクロの摩耗に限界が近いのを発見し作業する事に致しました。

●交換部品

シンクロリング1速、2速、3速を交換(4速は摩耗ほとんど無く再使用)

ベアリングに関してはメインギアとレイギアの内部ベアリングを交換
レイギア内ベアリング×2個(1個多く注文してしまった・・・)
メインギア内ベアリング×4個
ロックワッシャー一式

交換パーツ

交換パーツ

 

マニュアルトランスミッションの分解手順

1、デフケースを外しファイナルデフを取り外す。
向かって右側のドライブシャフトサイドハウジングを外すと下の方にOリングが有る穴がありますが
中からスプリング。円筒カラー・ボールを無くさないよう取り出す。

デファレンシャルケース

デファレンシャルケース

 

2、スピードギアユニットを取り外す。

スピードギアユニット

スピードギアユニット

 

3、ファーストモーションベアリングをCクリップを外す専用ツールで取り外す。
 (新品と取り換える場合は通常のベアリングプーラーでも可、その場合ベアリングは破損します)

ファーストモーションベアリング

ファーストモーションベアリング

 

4、ギアセレクターシャフトを左に回転させギアオペレーティングレバーから切り離す

連結を外す

連結を外す

 

5、4の工程でシンクロハブがフリーになったのでシンクロハブをスライドし1速と4速を同時に入れる

シンクロハブをスライドして入れる

シンクロハブをスライドして入れる

 

6、1速と4速を入れるとメインギアシャフトはロックするので両端の大きなナットをロックワッシャーを解除した後取り外す。
この際ミッションを固定するのにプレス機を使用しました。

プレスに挟んで固定

プレスに挟んで固定

 

7、オイルパイプ、スピードギア側のリテーナを外すとレイギアのシャフトロックプレートを外しシャフトを抜きレイギアを取り外しその下のバックギアも外す。(ロックプレートの向きを記憶する。レイギアスラストメタルを無くさないよう)

レイギア

レイギア

 

8、ファーストモーションシャフトにネジ込むスライドハンマーの専用ツールを使い
ファーストモーションシャフト、4速ギア、ベアリングが一体の状態で抜き取る

4速側メインギアベアリング

4速側メインギアベアリング

 

9、スピードギア側のナットを取り外しファイナルギアを取り外す。

10、スピードギア側のベアリングを抜くのに先ずはスピードギア側のシャフトを3~4㎝叩き込み
1速とミッションハウジングの間に3~4㎝隙間を開ける。

シャフトをスライドさせる

シャフトをスライドさせる

 

11、開いた隙間に3㎝程のC型専用カラーを入れクラッチ側からシャフトを叩き込むとベアリングが抜けてくる。

隙間にC型スペーサーを入れる

隙間にC型スペーサーを入れる

12、この際にシンクロハブがズレシンクロハブ内のスプリングとボールが飛び出てしまいがちですので
気を付けて作業する。

反対側のベアリングを抜く

反対側のベアリングを抜く

 

13、両サイドのベアリングが外れたらメインギアを取り出してください。

メインベアリングを取り外す

メインベアリングを取り外す

14、メインギアの分解、2速シンクロリングの交換は次回解説

 

まとめ

メインギアの大きなナットはとても固いです。
折れるのじゃないかと思えるほど力任せに緩めてください。

  • 使用する道具/用具について
  • MTミッションのプチオーバーホールの内容
  • MTミッションの分解手順

 

動画配信中

 

-MTミッション, エンジン系修理, 修理方法, 分解方法
-, , , , , , , ,

Copyright© ローバー ミニ 修理 レストア ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.